健康的に痩せる食生活

MENU

おデブにおススメ出来ない運動とは?

「さあ、ダイエットを始めるぞ!」誰でも初日は非常にやる気に溢れています!
でも、おデブは急激に運動を始めると、どうしても体重が重いため、膝や腰への負担が非常に大きくかかります
そのため、おデブが運動をする時には、気をつけないといけないことが沢山あります。

 

まず、おデブがダイエットをする時に是非避けたいのが『マラソン』や『ジョギング』です。
体重が重い人が、いきなり走り始めると、まず最初に大きな負担がかかってしまうのが、『膝』です。
体重80キロとか70キロが、いきなり巨漢を揺らして走れば、着地した時の脚や膝への負担が大きくになります。
おデブの運動については、お医者さんも急激な『マラソン』などは勧めていないケースが多いです。
マラソンなどで膝を壊してしまうと、結局は運動を停止することになってしまいますし、怪我をして足が痛くなってしまいます。

 

そのため、マラソンやジョギングというのは、ある程度痩せている人が、体重をキープするために行うのに向いている運動と言えます。
おデブがダイエットでする運動には向きません。
それを知らない人も多く、「さあ、運動だ!」と手軽なマラソンから始めて、足や膝を傷める人が後を絶ちません!

 

目的別の痩せ方紹介


酵素ジュース


運動したくない方
とにかく楽に痩せたい方
時間がかかっても良い方
におすすめ


飲むだけで痩せるのでとにかく簡単!


http://www.danjiki-net.jp/


産後ダイエット 日記
実際に酵素ジュースだけで4キロ痩せた主婦の日記も参考に。



ライザップ


短期間で痩せたい方
筋肉もつけたい方
モデルのような体になりたい方
モテる体になりたい方
におすすめ


数週間で体型の変化を実感!


30日間無条件全額返金保証付きだから、
お試し感覚で試せます!!


http://www.rizap.jp/



ハードなスポーツは心臓への負担が大きい!

ダイエットはしたいけど、おデブはいきなり運動を始めると、他に問題が出てきてしまうことが多いので、非常に難しいのです。
そのため100キロを超える様な体重がある人には、まずは運動を勧めず、ある程度運動が出来る程度になるまで、食事制限が◎。
ハードなスポーツは、心臓への負担が大きく、おデブの健康に大きな支障をきたします。

 

まずは運動をしても、体に問題が起きない程度に痩せるのが大事です。
もしも運動をするのであれば、ウォーキング程度に収めましょう。
ウォーキングであっても、体重が100キロ近くあれば、脚への負担が相当にきます。
間違っても最初から激しい運動をするのは止めましょう。
ダイエットは、健康被害と常に隣合わせですので、健康的に痩せることが非常に重要になってきます。
ウォーキングをする時にも、スポーツをした後は、保冷剤などで膝をアイシングすると、痛みが消えやすくなります。

 

更に激しいスポーツをすると、体内の活性酸素が増加しますので、抗酸化作用のあるものを摂取すると、疲労回復に役立ちます。
最近は酵素飲料が広まり、美容目的でも飲んでいる人が多いですね。

 

 

自分の体をケアしながら、徐々に運動に慣れていくのが大事です。
痛みが出てきた場合は、自分でアイシングをするか、早めにお医者さんに行くことをお勧めします。
特におデブは、運動をすると、脚・膝・腰をやられる事が多いので、かかりつけの整体や接骨院があると安心です。


おデブにベストなスポーツは?

では、おデブがまず最初に始める運動として、適しているのは何なんでしょう?
まず、お医者様もおススメしている運動としては、やはり『水泳』です。

 

水中では体への負担が少なくなりますので、膝や足を痛めにくいのが魅力です。
更に水中では適度な水圧がかかっていますので、ちょっとウォーキングをしているだけでも、十分効果が出やすいです。
泳げる人であれば、水泳は全身運動になりますので脂肪燃焼しやすいのでダイエットには非常に効果があります。

 

更に、陸地でマラソンなどをすると、ふくらはぎに筋肉がつきやすく、たくましい脚になってしまうこともあります。
しかし、水泳の場合は、走ったりする時につくようなムキムキの筋肉が付きにくいので、非常に美しく脚痩せできます。
足が太く、筋肉がついてしまうのが気になってしまうという人に、水泳は非常に効果的です。
おデブが体を痛めることなく、ダイエット効果が高い運動というのは、実は少ないのです。
水泳の他には、毎日のエクササイズもおススメです。
お風呂上りは代謝が良くなっているので、一番エクササイズをするには良いタイミングです。

 

エクササイズは、最初は無理をしない程度に、とにかく『毎日続けること』が大事です。
エクササイズを習慣化することで、毎日の運動習慣が身に付くので、健康維持のためにも非常に良いです。
運動後の疲労感がひどい場合は、フルーツや生野菜を沢山摂取して酵素の効果で、疲労回復するのもポイントです!


腹筋で腰を痛める人が非常に多い

ただし、エクササイズも、初日からあまり色々とやってしまうと、筋肉痛を起こしたり、腰痛に悩むこともありますので、無理をしないことが大事です。
最初は数を気にせず、『3日』『1週間』『1か月』と、エクササイズの習慣をつけていくことを目標に頑張ってみましょう。
慣れてきてから、徐々に回数を上げていきましょう。

 

ただし、筋トレで腹筋をする場合、腰痛持ちの人はやり方には要注意です。
おデブに多い間違ったダイエット方法として、腹筋で腰を痛める人が非常に多いのです。
腹筋は自分で上半身を起こしますが、その時に、お腹のお肉が詰まってしまい、真っ直ぐに起き上がれない人が多いのです。

 

そして、まっすぐに起き上がれないと、上半身をよじって無理に起き上がろうとします。
これをやってしまうと腰が悲鳴を上げてしまうことがおデブには多いのです。
腹筋はますぐに起き上がるのが重要であり、ヨコによじりなら起き上がったりすれば、腰に負担がかかってしまい、ぎっくり腰になったりする人もいます。
腰痛になってしまうと、ダイエットもSTOPしてしまい、最悪の場合は、歩行困難になってしまいます。
腹筋をする時には、出来るだけ真っ直ぐに起き上がるようにするか、あまりにも体重が重い時には、極力避けるようにしましょう。

 


更新履歴