健康的に痩せる食生活

MENU

タイプ別ダイエット方法

■出産後デブになった
→産後ダイエットなら私の体験日記が参考になります。
酵素効果で3か月で4キロのダイエットに成功しました
↓↓↓
http://www.poland-israel.org/


■中年太り
→準備中

■食べ過ぎてデブになった
→準備中

ダイエット食品も使い方次第!

現代人は、夜遅くまで仕事をしている人が多く、どうしても就寝前の夕食がネックになってしまい、激太りしてしまう人がいます。

 

でも、あまりにもお腹が減ってしまうと、どうしても眠れなくなってしまうので、食べたくなるという人もいます。
本来、就寝の3時間前は、何も食べない方が良いと言われていますが、帰りが遅い人が、夕食を取ってから3時間も待っていたら、「朝になってしまう!」という人もいますよね。

 

これがダイエットの理想と、現実の難しい所だと思います。
生活習慣自体が、『痩せられない』状態になっている場合、食事の内容を変えていくしか方法がありません。
腹持ちが悪く、料金も高いダイエット食品を普通は勧めていませんが、どうしても夕食が遅くなってしまい、就寝前に3時間以上空けることが出来ない人は、ダイエット食品を利用することをお勧めします。
ダイエット食品であれば、カロリーが低く抑えられていますので、寝しなに食べる食事としては、これ以上理想的なものはありません。
自分でダイエット食品のようにカロリーを抑えた料理を作ろうと思うと難しいですし、何よりも帰宅が遅い人は簡単に調理ができるダイエット商品は非常に便利です。

 

おまけに夕食は、ほとんどの人はお腹が減っている状態で帰ってきますので、ついつい食べ過ぎてしまう傾向があります。
自分で自炊をしていても、ご飯が好きな人はお代わりをしてしまったり、かなり高カロリーになってしまうことも。
更にはラーメンなどの外食をすれば、とんでもないカロリーになりますので、ますますダイエットには危険です。


『腹八分目』に抑えることが大事

食前のご飯は、あくまで寝れる程度に食べるように抑えましょう。
満腹まで食べようとすると、必ず太ってしまいます。

 

まず、おデブの場合、『腹八分目』に抑えることが大事です!
満腹まで食べないと満足できない人も多いと思いますが、まずは腹八分目で抑える努力が必要です。
この感覚になれない限り、なかなか食生活の乱れは改善できません。
また、朝が起きれないので、朝食を抜いている人も要注意です。
朝食はダイエットでは一番大事な部分です。

 

唯一、ダイエットで腹いっぱい食べても良い食事は『朝食』です。
昼間の活動時間が長く、寝る前にカロリー消費をしてしまえる可能性が高いので、朝食を沢山食べることはダイエットではおススメです。
夕食は少なくするのが理想なので、その分、朝食と昼食は多少高カロリーの物を食べても大丈夫です!
一番良くないのは、やはり夕食を沢山食べることです。
夕食が少ない分を、朝食と昼食でカバーするのが、おデブのダイエットは理想的な食生活です。

 

そのため、朝食を食べない人は、夕食を減らしてしまうと、その分カバーできなくなってしまうので、食生活のバランスが崩れやすくなってしまいます。
長続きしないダイエットの典型的な例になってしまうので、まずは朝食を食べる癖をつけましょう。
朝食を食べている人の方が、痩せている人が多いので、まずはおデブは朝食を食べる癖からつけましょう。
朝食を抜いた夕食のドカ食いは絶対に厳禁です。