健康的に痩せる食生活

MENU

温かい飲み物で体の内側から温める努力

妊娠をすると、水分だけでも太ると言われているように、水分の過剰摂取はダイエットにも良くないと言われています。
特に水分の中でも、冷えた飲物を好む人は注意をしないといけません。

 

冷えた飲物は、体内を冷やす効果があり、脂肪燃焼の妨げになります。
脂肪がついて、体中が冷えがちになっているおデブにとって、冷えた飲物は更に追い打ちをかけ、冷え症を悪化させるだけです。
おデブは体内を温かく保ち、脂肪燃焼しやすい体質に変えることが大事だと言われていますので、まずは冷えた飲物を多く摂取していた人は、温かい飲み物を飲むように、変えていきましょう。

 

普段から、ホットコーヒーや温かいお茶を飲むようにしましょう。
温かい飲み物を飲んでいる人は、代謝が良くなるので、ちょっと動いただけでもカロリー消費しやすい体質になります。
おデブは体内を冷やすような習慣は改善しないといけません。

 

夏場はどうしても冷えた飲物が欲しくなりますが、美容にうるさい女優さんは、どんな暑い時でも、必ずホットを注文ると言われています。
体内が冷えてしまうと、ダイエットだけではなく、美容にも良くありません。
体内の代謝が悪くなることで、肌の新陳代謝も悪くなり、肌が自然とターンオーバーしなくなってくるので、ガサガサになってしまったりします。
いつも温かい飲み物を飲んで、体の内側から温める努力をしましょう。


水分摂取は量も大事

そして、水分摂取は量も大事になってきます。
体が本当に水分を欲しがっている以上に、水分を摂取してしまうと、体がどんどんとむくんできてしまいます。
むくみが出てきてしまうほど水分を摂取している人は、水分の摂取量を制限する必要があります。

 

よく糖尿病になると、喉が渇いて、異常に水分が欲しくなると言われています。
おデブにとって、糖尿病は非常に身近な問題で、楽観視することはできません。
あんまりにも飲物が欲しい場合は、糖尿病の可能性も疑うべきです。
水分は適度に飲み分には良いですが、最近は飲み過ぎてしまい、体のバランスを崩している人も多いと聞きます。
水分であれば、1日2、3リットリ程度あれば大丈夫ですが、それ以上多くなってくる場合は、腎臓が常に忙しく動くことになるので、胃腸が休まらずに、疲れている可能性もあります。
飲み過ぎてしまう人は、たまには胃腸や内臓を休めるために、休肝日を授けてみるのも大事でしょう。
常に内臓が動いている人は、胃腸が疲れて働きが弱くなる可能性がありますので、飲み過ぎには注意が必要です。

 

また、飲物はお茶やコーヒーだけではなく、食事の時に出される味噌汁やスープなども入ります。
あまりにもむくみが気になる人は、まずは水分摂取をほどほどに、温かい物を飲むように変えていきましょう。
温かい飲み物は慣れるまでは大変ですが、一度慣れてしまうと簡単に習慣化できますのでおススメです。
冷え症がひどい人も、まずは温かい飲み物から始めてみましょう。